kotoripiyopiyo
機能を増やすには技術がいるが、機能を減らすには哲学がいる

dailystyle.net : インタビュー : 秋田道夫

そのとおりだとおもう。

(via yamato)

phylosophyかあ、これはトラウマ

(via buru)

泰:これは名言だな

(via ginzuna)

(via kurousa) (via mcsgsym, kikuchige2) (via quote-over100notes-jp) (via f-sugar) (via z24da) (via jun26)

(via ishida) (via usaginobike) (via saikiyoshiyuki) (via ibi-s) (via shortcutss) (via yellowblog) (via arvanista) (via ledsun) (via kotoripiyopiyo)
yaruo
面倒くさいという言葉は、すべてを否定する強烈な「打消しのパワー」があります。
 一生懸命に生きよう、毎日できるだけ楽しく暮らそうと、いくら本気で思っていても、「面倒くさい」とつぶやいたとたん、すべて魔法がとけたみたいに、だめになってしまう気がします。
ichimonji
タモリ「ものを知っているとか、知らないとか、教養があるとか、もう関係ないんですよ。教養なんていうのは、あれはあってもなくてもいい。あれは大人のおもちゃなんだから。あれば楽しみが、遊びが増えるだけの話。持ってたからってたいしたことない。ただ、遊び道具いっぱい持ってるっていうだけの話。」
2009-10-05 - ◆ mkb : foto & more (via ahoahoman) (via bacars) (via tscp) (via kml) (via hexe) (via 20121222volt) (via tooola) (via fishandmush) (via sander786) (via tagkaz) (via boosted) (via hibiky) (via yellowblog, ahoahoahoman) (via ishizue) (via skamio) (via kiri2) (via ninamo44) (via takehiroyoshimura) (via bochinohito) (via k-angie) (via chihira-masamichi) (via odak66) (via mekarauroko) (via shibats) (via koris1974) (via miki7500) (via precall) (via bo-rude) (via bgnori) (via yukiminagawa) (via dokuroou) (via giraffe-patterns) (via pcphr) (via jpegirl) (via deli-hell-me) (via non117) (via shikamemo) (via usaginobike) (via matsutanihiroki) (via earthundergroundmania) (via a2onaka) (via udongerge) (via m-akasya) (via saya) (via ichimonji)
yaruo
日本人が横柄なのは「主人と奴隷」形態いがいのサービスを受けたことがないからですよ。漫画によく出てくる「庶民が貴族であるワタクシと同じだと思って!」な思考。じゃなきゃトイレに「従業員も使用することがあります。」とか書かねえよ。なんでそんな注意書きがいるんだよアホか。
motomocomo

『絶対的な価値など存在しない』という言葉に納得される方は多いと思います。この考え方は裏を返せば『相対的な価値は存在する』ということです。相対的な価値とは個々人の価値を認めるということです。そうであるならば、個々の価値がぶつかり合ったときに平行線で答えは出なくなってしまった場合、コミュニケーションには意味がない事になります。


相対的な価値を絶対化しては得られるものも得られません。


「人それぞれ」という言葉は一見すると人の意見を認める発言に見えますが、実は人の意見を拒絶する考え方です。意見は人それぞれに持っていてもなんら不思議ではありませんが、その意見というものはコミュニケートしている人の間に共通して存在しなければならないからです。相互に納得できる部分を摺り合わせていくことをなしていかなければ意見が意味を持たないのです。共通して納得できる新しい部分を創造し、共有していけばコミュニケーションは成立させることはできます。


コミュニケーションは双方が納得するまで意見を交わす意志が求められるのです。


「人それぞれ」という考え方自体が間違いではありません。「人それぞれ」で終わらせることというのが誤りなのです。「人それぞれ」が終着点なのではなく、出発点として、少しでも共有できることを増やしていく行為がまさにコミュニケーションする意味なのです。


コミュニケーションは「すべての人はわかりあえること」の上に成り立っている


人はコミュニケーションすることで得られる経験が増えることはご存知だと思います。また、共有部分が少ないために価値観のぶつかり合いが起こりお互いの価値を失ったということは多くの歴史から学ぶところです。排他的な『人それぞれ』は、お互いにとってデメリットしか残しません。


誰も理解できない人と、誰とでも理解し合える人の差は「人それぞれ」の次のアクションに拠るのです。

「人それぞれ」は拒絶するというコミュニケーション - keitaro-news (via itokonnyaku) (via checcolloyd)

「人それぞれだ」っていうのは小泉純一郎の有名な発言

(via forzando) (via kondot) (via nemoi) (via konishiroku) (via yaruo) (via motomocomo)