毎年たくさんの子どもと接していると、何か言うとすぐに「ちゃかす子」と、いろいろなことに興味を示す「素直な子」という2種類に
分かれることに気づきます。

 言うまでもなく、勉強ができ、そして人間としてぐんぐん成長していくのは「素直な子」のほうです。

 ところが、子ども社会の中で人気者になるのは、みんなを笑わせる「ちゃかす子」のほうです。とても悩ましい問題だと思います。

 例えば算数の授業の中で、私が「中学へ行くと、整数でも小数でも分数でもない、まったく新しい『ルート』っていうのを使うんだよ」
と言うと、何にでも興味を示す子は「それってどんな数字?」「どうやって使うの?」などの反応を示します。
?
 一方、何でもちゃかしたいタイプの子は「それって入試に出るんですか?」「今、教わらなくてもいいんじゃないですか?」と少し
ふざけて言うことで、先生の揚げ足を取ろうとします。そして、そんなツッコミに周囲が笑う、という展開です。
otsune
「嫌なことは嫌と言う」、というのは自分に向けられた嫌な言葉や行動に対して「きちんと嫌と言う」ということであって、関係無いところにわざわざ行って「それ私嫌」って言うこととは違うから。それは「因縁をつける」っていう全然別の行為だから。
yaruo
苦労なんてのはしないほうがいいに決まってるのだ。苦労した人間ほど歪んでいく。人を妬むようになる。自分がした苦労を他人にも、そう例えば自分の子供にさえ味わわせたいと思うようになる。自分が経験した苦労を正当化したいがために。
kotoripiyopiyo
機能を増やすには技術がいるが、機能を減らすには哲学がいる

dailystyle.net : インタビュー : 秋田道夫

そのとおりだとおもう。

(via yamato)

phylosophyかあ、これはトラウマ

(via buru)

泰:これは名言だな

(via ginzuna)

(via kurousa) (via mcsgsym, kikuchige2) (via quote-over100notes-jp) (via f-sugar) (via z24da) (via jun26)

(via ishida) (via usaginobike) (via saikiyoshiyuki) (via ibi-s) (via shortcutss) (via yellowblog) (via arvanista) (via ledsun) (via kotoripiyopiyo)
yaruo
面倒くさいという言葉は、すべてを否定する強烈な「打消しのパワー」があります。
 一生懸命に生きよう、毎日できるだけ楽しく暮らそうと、いくら本気で思っていても、「面倒くさい」とつぶやいたとたん、すべて魔法がとけたみたいに、だめになってしまう気がします。
ichimonji
タモリ「ものを知っているとか、知らないとか、教養があるとか、もう関係ないんですよ。教養なんていうのは、あれはあってもなくてもいい。あれは大人のおもちゃなんだから。あれば楽しみが、遊びが増えるだけの話。持ってたからってたいしたことない。ただ、遊び道具いっぱい持ってるっていうだけの話。」
2009-10-05 - ◆ mkb : foto & more (via ahoahoman) (via bacars) (via tscp) (via kml) (via hexe) (via 20121222volt) (via tooola) (via fishandmush) (via sander786) (via tagkaz) (via boosted) (via hibiky) (via yellowblog, ahoahoahoman) (via ishizue) (via skamio) (via kiri2) (via ninamo44) (via takehiroyoshimura) (via bochinohito) (via k-angie) (via chihira-masamichi) (via odak66) (via mekarauroko) (via shibats) (via koris1974) (via miki7500) (via precall) (via bo-rude) (via bgnori) (via yukiminagawa) (via dokuroou) (via giraffe-patterns) (via pcphr) (via jpegirl) (via deli-hell-me) (via non117) (via shikamemo) (via usaginobike) (via matsutanihiroki) (via earthundergroundmania) (via a2onaka) (via udongerge) (via m-akasya) (via saya) (via ichimonji)
yaruo
日本人が横柄なのは「主人と奴隷」形態いがいのサービスを受けたことがないからですよ。漫画によく出てくる「庶民が貴族であるワタクシと同じだと思って!」な思考。じゃなきゃトイレに「従業員も使用することがあります。」とか書かねえよ。なんでそんな注意書きがいるんだよアホか。